1日に最低2リットルは水を飲んだほうがいい?

健康増進のため、良いお水をしっかり補給する

人間が生きていくために水分をしっかり摂る必要があることは良く知られていますが、通常、成人が1日に体の外に排出する水分がどの位の量かをご存知ですか? 尿で1,400ミリリットル、糞便で200ミリリットル、それに皮膚から蒸発している水分や吐く息の中に含まれている水分が、400ミリリットルの計2,000ミリリットル程度です。 これに対して、摂取する量はどうでしょうか? 食物中の水分が700ミリリットル、栄養素が身体の中で代謝するときに出来る代謝水と呼ばれる水分が300ミリリットルで計1,000ミリリットルです。 いかがでしょうか。 出る量が2リットル以上ありますから、摂るべき飲用水を考えないと帳尻が合わなくなります。 やはり、水分補給はとっても大切です。 1日に意識的に最低2リットルの水分を飲用水で摂るようにしましょう。

水分を摂らないとどうなるか

積極的に水分を摂らないと、どのようなことが体の中で起きると考えられるでしょうか。 人間の体の60%は水分です。 この水を、透明な湖と考えてみましょう。 もし、湖に出入りする水の流れが止まってしまったら、この透明な美しい湖はどうなるでしょうか。 きっと、少しずつ毒物も流れ込んでいき、それを洗い流す水流が無いので、生息する生物はいなくなるでしょう。 水分、それも身体に良い水をしっかり摂り、体内で循環させ不要なものは排泄する…これが如何に大切なことであるかもうおわかりになるかと思います。

「身体に良いお水とは?」

身体に良いお水というと、塩素などで消毒していないミネラルウォーターがすぐに思い浮かびますが、ミネラルウォーターにも色々な種類があります。 硬水や軟水というのは聞いたことあるかもしれませんが、水源の数や処理法によって、農林水産省によると、以下のように規定されています。

  • 「ナチュラルウォーター」…特定の水源の地下水を、濾過、沈殿、加熱以外の方法で処理をしていないもの
  • 「ナチュラルミネラルウォーター」…ナチュラルウォーターのうち、ミネラルを含んでいるもの
  • 「ミネラルウォーター」…ナチュラルウォーターのうち、ミネラルを微調整したり、複数の水源の水をブレンドしたもの
  • 「ボトルドウォーター」…上記3つ以外の、地下水以外の飲用に適した水のこと

最近は、水も買う時代と言われています。近くのコンビニでも、数多くの種類のミネラルウォーターが販売されていますね。 ボトルに貼られているラベルの「品名」をチェックすれば、上記で区分した通りその水がどんな水がおわかりになるかと思います。


▲ページトップに戻る