ストレス発散に効果的!いつでも気軽に行える瞑想

瞑想のストレス発散効果

過酷な労働や人間関係のトラブル、就職や進学の悩みなど、私たち人間は様々なストレスを受けながら日々を過ごしています。 このストレスというのは上手に発散をしないと、徐々に心や体に負担がかかり、身体のあちこちに色々な悪影響を及ぼす原因となる可能性があります。 適度なストレスというのはそんなことに負けないぞ!頑張るぞ!という自分自身を成長させるプラスな面へとつながる事もあります。 しかし自分が追い込まれてしまう、辛く苦いマイナス方向へと言ってしまうほどのストレスとなると、眠れない、食欲不振、頭痛、肩こり、めまい、精神不安定といった症状などに悩まされ、さらには心身症やうつ病、自律神経失調症、胃潰瘍など大きな病気へと発展する方もいます。 ストレスを感じたらためずに出来るだけこまめに発散することが大切となります。 ストレスを発散する方法には好きなスポーツで身体を動かす、美味しいものを食べる、友達とおしゃべりする、スポーツ観戦やコンサート、カラオケなどで大声を出すなど様々な方法がありますが、その中でおすすめなのが瞑想です。 瞑想はいつでもちょっとした空き時間に出来、お金もかからずに短時間でストレス解消できると今ビジネス成功者やサラリーマンやOLの間でも人気が高まっており、多くの方が実践しています。 瞑想というとなんだか宗教っぽくてちょっぴり抵抗があるという方、瞑想は聞いたことがあるけど詳しくはわからないという方も多いと思います。 今回はストレス発散効果が期待できる瞑想についてお話していきましょう。

瞑想とは一体何?

瞑想と聞くとイメージ的に座って目を閉じて何かを祈っているような修行、宗教的なもので怪しいとあまり良い印象が無いという方も少なくありません。 実際に瞑想を取り入れている宗教は数多くありますが、瞑想イコール宗教という事ではありません。 瞑想とは脳を休める、心と身体を安定させる、ストレスを発散させる方法の1つです。 毎日忙しく様々な情報が駆け巡る現代は頭の中がごちゃごちゃして、混乱しがちです。 イライラ、モヤモヤが溜まってしまうと良い考えも思い浮かばず、良い仕事や勉強、作業が出来なくなってしまいますが、そんな時に瞑想を行うと頭の中の様々な雑念などのごみをすっきりとお掃除してくれます。 最近では世界のエリートやビジネスでの成功者たちやスポーツ選手も行っている、脳の休息方法として人気が高まっています。 科学的にもその効果が実証されつつあります。 やり方も決して難しいものではありません。 宗教などによっては呼吸法や集中の仕方、座り方、など事細かなやり方を指導する場合がありますが、現代で人気の宗教的要素をすべて取り払った、マインドフルネスという瞑想方法は、誰でも簡単に堅苦しくなく、実践することが出来るのが最大の特徴です。 マインドフルネスは米国では療法として治療に大いに生かされています。 マインドフルネスの瞑想方法の基本は姿勢を良くして、呼吸に意識を集中することです。 場所も問わず、実践できます。

初心者でも難しくないマインドフルネス瞑想方法

まずは落ち着いて座れる場所を作りましょう。 胡坐をかいて姿勢を正して座ってもよし、または背もたれのある椅子に座って背筋を正します。 イメージ的には天井から糸で引っ張られているような感覚で座ります。 手はひざの上に置き、目は軽くとじ、呼吸に気持ちを持って行きます。 この時は腹式呼吸が出来る方は腹式呼吸をします。 腹式呼吸であまりにも意識をしてしまう場合は通常の自然な呼吸で構いません。 呼吸をしながら、何かが浮かんで来たら呼吸に注意をさらに向け、雑念を徐々に追い出していきましょう。 これを10分程行います。 雑念というのは誰でも湧くものです。 雑念が沢山出てくるからと言って悪いわけではありません。 頭の中がだんだん綺麗になってくるためのものだとあるがままを受け入れ、呼吸に集中することの心地のよさを存分に堪能しましょう。 アラームをあらかじめセットしておくと安心です。 やり方はたったこれだけです。 雑念を払って目の前の事、呼吸に注意をむけることにより、マイナスのネガティブな感情やイライラしたものをリセットすることが出来ます。 ストレスが解消され、すっきりと霧が晴れたような気分を味わえるようになります。 慣れてくるとたった5分間でも確かな効果が実感できるようになります。 カフェや職場の休み時間などちょっとした時間を有効活用できます。

ストレス解消の他にも嬉しい効果が期待できる

リラックスすることが出来る

マインドフルネス瞑想が、なぜストレスを解消できるのかというと心身をリラックスさせ、ストレスが溜まった時に起こる自律神経の乱れを整えてくれる効果があるからです。 自律神経が安定すると、免疫力がアップし、安眠効果も高まり、心身共に改善していきます。

集中力がアップする

瞑想をすると様々な頭のゴミ、雑念をお掃除することが出来るので物事に対しての集中力が高まり、仕事や作業、勉強がスムーズにいくようになります。 頭の回転が良くなるため、記憶力や創造性、やる気も高まります。

幸福感をアップすることが出来る

瞑想をすると、脳にドーパミンやセロトニンなどの快楽物質がつくりだされ、気持ちが前向きになり、日々の生活の中の1つ1つに幸福感や感謝の気持ちを感じることが出来ます。 朝の光を浴びる、朝の空気を吸うだけでも穏やかな朝の始まりに幸福感を得られ、食事や飲酒、人との会話も心から楽しむことが出来ます。

認知症予防効果が期待できる

日々の瞑想は加齢による脳の衰えを抑制し、若く保つことが出来ます。 瞑想を行うことは記憶力や頭の回転も良くなるため、認知症予防にも効果的です。

まずは気軽に実践してみよう

瞑想はイメージ的に、なんとなく近寄りがたい印象を持っていた方も、宗教やスピチュアル的なものを省いたマインドフルネス瞑想だとその印象が変わり、気軽に行えそう、やってみたいと思った方も多いのではないでしょうか。 まずはストレッチやラジオ体操のような気軽な感覚で1〜2週間1日10分を実践してみてください。 深呼吸をし、気持ちを落ち着かせる時間を作るというだけでも大きな価値があります。 数日行っていくうちに不思議と瞑想の時間が楽しみになり、頭の中が綺麗になっていく感覚、集中することの心地よさ、脳を休めることの大切さを実感することが出来ます。 また、自分が今までどれだけストレスで心と身体が辛かったのかという事も振り返ることが出来ます。 ストレスが溜まると心と身体が緊張し凝り固まった状態となり、焦りやイライラ、疲労感に悩まされ、相手の気持ちや言葉を受け入れる余裕もなくなります。 そしてマイナスな言葉、不満が頭の中を駆け巡り、表情も硬く、笑顔も無くなります。 とにかく、ストレスによる心身の疲労度というのは半端ではないのです。 しかし、10分間の瞑想でリラックスし、ストレスを発散するだけで不思議と同じ仕事や勉強、家事をしていても、疲労感が無い、または驚くほど少なくなるのを実感できます。 相手の言葉や気持ちも素直に聞き取れる余裕が出来、仕事や勉強、作業が集中して出来るので能率がアップし、楽しくこなすことが出来ます。 普段の生活で自分のペースを崩さずに維持できることは嬉しい事です。 ストレスで辛い方、多くの成功者が実践しているマインドフルネスを早速試してみてはいかがでしょうか。


▲ページトップに戻る