鼻の黒ずみを消す方法

目立ってしまう鼻の黒ずみ

お顔の中心にあるパーツだから、よく目立ってしまう鼻の黒ずみ。 ファンデーションやコンシーラーで隠そうとしても、かえって違和感が出てしまいますよね。 今回は、そんな鼻の黒ずみの原因と改善方法についてご紹介したいと思います。 鼻の黒ずみを改善したいのであれば、まずはしっかり原因を知ることが大切だと思いますので、鼻の黒ずみ原因からお伝えしたいと思います。

そもそも鼻の黒ずみの原因とは?

鼻が黒ずんでしまう主な原因は、余分な皮脂や汚れによる『毛穴のつまり(角栓)』が考えられます。 「でも毛穴パックで取れる角栓は白なのにどうして黒ずみと関係あるの?」 そう疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。 確かに詰まっただけの角栓は白いです。 ですが、毛穴に皮脂や汚れが詰まったまま時間が経つと、酸化して黒ずむんです。 イマイチイメージがつかない方は、 天ぷらや揚げ物をした後の油を思い出してみて下さい。 黒ずんでませんか? あれも酸化が原因なのです。 自分のお肌でも同じ事が起きていると考えたら、ゾッとしますよね。 そんな酸化によって鼻が黒ずんで見える毛穴づまりですが、原因としては次のようなものがあります。

メイクや化粧残りによる毛穴づまり

メイクをしたり、皮脂の分泌が多いのにクレンジングや洗顔がうまくできていない状態ですと、毛穴の汚れや皮脂が詰まったままになってしまいます。 毛穴の黒ずみ以外にも、ニキビなどの肌トラブルを起こしてしまう原因にも繋がるので気をつけましょう。

皮脂の分泌が多い

顔がベタベタしているようなオイリー肌の方は、人よりも余分な皮脂が多い為、毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくなります。

乾燥肌の人

先程ご紹介した皮脂の分泌が多い人とは対照的な乾燥肌タイプです。 皮脂が少なそうで、毛穴づまりとは無縁そうですが、皮脂が少ないからこそ毛穴づまりが起きやすくなります。 お肌にはある程度の皮脂が必要であり、必要な皮脂までもなくなってしまうと、毛穴が皮脂を過剰に作り出そうとするからです。 その結果、皮脂が毛穴がつまって鼻の黒ずみの原因に繋がります。

鼻の黒ずみ原因の毛穴づまりを改善するにはどうしたらいいの?

正しいクレンジングや洗顔をすること

クレンジングや洗顔を毎日きちんとしている人が多いかと思いますが、ほとんどの方が正しい洗顔が出来ていません。 ゴシゴシ擦ったり、シャワーのお湯をそのまま使ってませんか? 当てはまる方は要注意です。 メイクが落ちないからといって、ゴシゴシ強く洗いすぎると、必要な皮脂まで落としてしまうのでやめましょう。 毛穴づまり以外の肌トラブルにも繋がります。 また、皮脂は熱に弱く、一般的なお風呂の温度である39〜42度のお湯では、必要な皮脂まで溶かしてしまうので、32度くらいのぬるま湯を使うようにしましょう。

必要な油分を与えてあげる

クレンジングや洗顔をしたあとは、汚れはもちろん、必要な皮脂も少し欠けています。 必要な皮脂まで落ちたままだと、皮脂が過剰分泌するので、化粧水や乳液、美容液などを使用するスキンケアをしっかりすることが大切です。 改善方法を試したからといって、すぐに効果が現れるものではありません。 スキンケアは日々の積み重ねですので、根気よく続けていくようにしましょう。


▲ページトップに戻る