虫歯や歯周病が原因?とにかく最近口臭が気になる!

気づいていないのは自分だけかも?

世の中、美味しい料理の香りや出来立てのパンやスウィーツの香り、花の香りなどの良い香りのするものは沢山あり、良い香りを嗅ぐことは気分を良くしてくれます。 それとは逆に一瞬ニオイを嗅いだだけで気持が下がってしまうものがありますが、その一つが口臭です。 いくらイケメンであっても、美人であっても、性格の良い人であっても、話をしようとしたときに口臭がひどかったらどうでしょう。 一気に気分が冷めてしまい、嫌悪感さえ抱くようになってしまう方もいると思います。 しかし、注意しなくてはならないのが、こういった嫌な口臭というのは、自分が嫌だと思った相手だけが臭うのではなく、自分自身も発生している可能性があるという事です。 もしかしたら相手以上に口臭がきついかもしれないのです。 最近なぜだか人と話すと下を向かれる、相手の人に避けられているような気がする、話をすぐに終わらせたいようなそぶりをされるといったことを感じた場合は要注意です。 もしかしたら嫌な口臭を自分自身が発生させているのかもしれません。 また、虫歯が出来たけど仕事が忙しくてなかなか歯医者なかなかいけない、歯医者がとても苦手で虫歯や歯茎、口の中の異常を感じても、歯医者に行く勇気がないといった方も、強い口臭を発生させている可能性があるほか、日を追うごとに口臭がどんどん悪化している可能性があるのです。 虫歯や歯周病だけでなく、内臓の機能の低下や代謝異常、便秘によることが原因の口臭もありますが、歯茎が痩せてきた、口の中に違和感がある、歯が痛い、歯茎の腫れや痛みが気になる、歯を磨くと出血があるという方は、虫歯や歯周病による口臭である可能性が高いです。 今回は虫歯や歯周病による口臭について色々とお話ししていきましょう。

どんどん口臭を悪化させる歯周病とは

歯医者さんが行う口腔内の治療の中で、虫歯に次いで治療することが多いと言われているのが歯周病です。 テレビなどでもよく歯周病予防のハミガキなどのCMが流れていますが、CMに流れる商品というのは、多くの方が必要とするものを販売していることが多いので、歯周病が気になっている方、歯周病で悩んでいる方はそれだけ多いという事がわかりました。 歯周病は年齢を問わず、様々なことが原因で起こりやすい細菌による歯肉の病気です。 歯の周囲の歯肉の炎症し腫れをおこすため、歯にも大きな悪影響をあたえる危険性の高い怖い病気です。 さらにこの歯周病菌が繁殖することで、状態が悪化すると歯茎から出血だけでなく、膿も出すようになり、強い口臭を発生させます。 根本的な治療をしなければ、どんどんこの口臭がきつくなっていき、周囲にもすぐに気づく強い口臭となり、大きな迷惑を掛けることになります。

虫歯による口臭とは

歯周病の他に、虫歯となった場合も口臭を発生させる危険性があります。 虫歯により、歯に穴が開くと食事をすると虫歯の穴の中に食べかすが入ります。 その食べかすによる臭いも口臭の原因となりますが、食べかすと同時に虫歯の原因菌となる菌も溜まることになるため、この両方が重なると強い口臭を発生させてしまいます。 さらに虫歯の放置することにより、虫歯の悪化だけでなく、歯の根の先に膿も発生させてしまうため、強烈な悪臭の口臭へと発展してしまうのです。 歯周病も虫歯もどちらも怖い病気であり、強い口臭を放つ大きな原因となります。 口臭の発生を予防するためには、出来るだけ早い段階で治療を行うことが大切となります。

他の病気へと発展する危険もある

たかが虫歯、歯周病と軽く考えるのは危険です。 虫歯や歯周病が悪化すると全身にも悪影響をあたえ、大きな病気を招く原因となる可能性があります。 口臭を発生させる原因というだけでも困るのに、むし歯と歯周病というのはとても厄介なものです。 放っておくと悪化する場合がほとんどですので、1日でも早く治療を受けることが大切です。 歯周病は悪化をすると大切な歯を失ってしまう危険性があります。 また、歯周病菌という細菌はとても怖く、血管内に入ってしまうとプラークなどのできものを発生させ、動脈硬化の原因となります。 場所によってはプラークが破れ血栓となり、心筋梗塞や脳梗塞を起こす引き金になる危険性もあります。 さらに歯周病の毒素が身体をめぐると、インスリンの働きを抑えてしまい、糖尿病になるリスクを高める場合があります。 また、既に糖尿病を患っている方が歯周病になると悪化するのが早いと言われています。 歯周病と同様、むし歯が悪化すると口臭を悪化させるだけでなく、虫歯菌が血液中に入り、全身をめぐり、身体に悪影響をあたえます。 心筋梗塞や骨髄炎、敗血症や動脈硬化、肺炎などにかかるリスクも高めます。 虫歯は特に一度なってしまうと、自然に治癒することが無いため、早期治療が一番重要となります。 痛みが途中で無くなったという場合は完治したのではなく、神経が壊死してしまったサインです。 これ以上悪化すると、身体中が虫歯菌をめぐることになるので、医師の治療を早く受けるようにしましょう。

歯周病や虫歯による口臭を改善するための方法

歯周病や虫歯による口臭の悪化を改善するためには、どちらの場合も歯医者さんに行き、まずは治療を受けない事には根本的な改善にはなりません。 治療を受けながら、口臭を出来るだけ早く改善させることが出来るよう、いくつかの方法をご紹介しましょう。 毎食後のハミガキは出来るだけ行うようにすることです。 ただし傷んだ歯肉などを傷つけないように、乱暴なブラッシングをしないように注意しましょう。 また、ハミガキだけでなく舌をブラッシングするのも細菌の繁殖を抑え、口臭を抑えることが出来ます。 殺菌作用のあるマウスウォッシュ(洗口剤)なども口臭改善に効果的です。 唾液を良く出すのも口臭予防に効果があるので、シュガーレスガムを噛んだり、梅干しを食べたりすると口の中をすっきりと保てます。 虫歯や歯周病が完治していないうちは、食べ物が口の中や歯茎に残りやすいので、臭いのきつい食べ物などは控えめにするようにしましょう。 虫歯や歯周病があるときは、良く食べ物を噛むことが出来ないため、胃腸の中も荒れやすく、内臓器官も弱り気味になり、身体の中からの口臭も発生しやすくなります。 その場合は消化の良い食べ物を心掛け、口臭対策サプリメントなどを使用してみるのもおすすめです。

歯周病や虫歯を予防する方法とは

口臭や大きな病気を招く原因となる歯周病や虫歯の治療が終了したら、再度歯周病や虫歯が起きないように気を付け、予防することが大切です。 自分で出来る歯周病や虫歯予防方法をご紹介しましょう。 歯ブラシは、自分の歯並びや歯の状態などに合うものを選ぶのが大切です。 自分に合った歯ブラシ選びは、やはり歯医者さんに相談するのが一番です。 歯磨きの方法なども合わせて指導を受けましょう。 ブラッシングで歯垢を綺麗に取り、殺菌作用のある洗口剤などで口の中の清潔を保ちましょう。 甘いものの食べ過ぎや偏った食生活、不規則な生活は歯周病や虫歯には大敵となります。 規則正しい生活を心掛け、食事は出来るだけ、規則正しい時間帯で、バランスの取れたものを良く噛んで食べるようにしましょう。 睡眠時間は十分に取り、疲労をためないようにすることが大切です。 ストレスも歯周病や虫歯を招く大きな原因となります。 ストレスは出来るだけためないよう、運動や趣味などを楽しむ時間を作り、こまめに発散するようにしましょう。 できれば毎月定期的に歯医者さんに行き、検診を受けると安心です。 異常があればいち早く発見することが出来、改善することが出来ます。


▲ページトップに戻る