なかなか落ちない脂肪を漢方で落とすことは出来る?

漢方薬の力でダイエットできる?

頑固な身体の脂肪、運動や食事改善など色々な方法を試みても、思ったような結果が現れず困っている方もいると思います。 サプリメントでは物足りず、かといって西洋医学にはちょっと不安がある方、今話題の東洋医学の漢方薬で脂肪落とす方法があるのをご存知でしょうか。 漢方薬とは草や根・木皮や鹿の角などの天然素材の中で有効成分を含む生薬を混ぜ合わせた医薬品であり、中国から日本に伝わったものです。 テレビCMなどでも多く紹介され、肥満、脂肪、メタボに悩む方たちに大注目を浴びています。 漢方薬の良いところは天然素材でできた生薬なので安全性が比較的高い事です。 そして長年培って脂肪が落ちない体質となってしまった身体が、漢方薬を飲むことにやり脂肪を燃焼しやすい体質に改善していく、根本的な体質改善をすることが出来るという大きなメリットがあります。 飲み続けることにより、脂肪を落とし太りにくく痩せやすい体質になるのは嬉しいですよね。 今回は脂肪を落とす漢方薬についてご紹介しましょう。

脂肪を落とす漢方薬とサプリメントの違い

西洋薬ではなく、天然の成分を使用して脂肪を落とすには漢方薬の他に脂肪を落とすサプリメントがあります。 ではこの漢方薬とサプリメントにはどのような違いがあるのでしょうか。 大きな違いとしてサプリメントは健康補助食品であり、漢方は薬品であることが挙げられます。 サプリメントは食品のエキスなどから成分・栄養を凝縮して作られたものであり、医薬品と同じ効能や効果は期待できません。 即効性はなく、長期的に継続し、食べ物では不足しがちな栄養を補い、健康と美容に導いてくれるものです。 あくまでも薬としてではなく、栄養補助食品なので、薬と同じ様な認識ではなく、健康に良い食品として認識しておきましょう。 漢方薬は医薬品であり、食品に分類されるものと医薬品に分類されているものの両方が組み合わされています。 医薬品という事は科学的根拠により裏付けられたものであり、効果効能の信頼性が高いという事。 病気や症状を本気で少しでも早く治したい、体質を改善したいと考えるのであれば、医薬品の漢方薬を使用するのが良いでしょう。 漢方薬というのは2000年以上という長い歴史があり、多くの人を救い、今でも使用されているので信頼度はサプリメントよりもはるかに高いと言えます。 薬として症状を抑えるという点では、西洋の薬が一番効果は高いと言えますが、副作用の不安も大きく、体質の改善というのはなかなか難しいと言えます。 安全性が一番高く、副作用の心配はほとんどないですが、即効性はなく継続が必要な食品がサプリメント。 漢方薬は西洋薬よりも副作用の心配が少なく、サプリメントとしての役割も果たしながら、効果効能があり、体質改善が期待できます。 漢方とサプリメントは成分の強さ、配合量にも差があります。

脂肪を落とす漢方薬の入手方法

脂肪を落とす漢方薬を含め、漢方薬は病院、漢方薬局、ドラッグストア、インターネットなどで手に入れることが出来ます。 まず病院で脂肪を落とす漢方薬を入手する場合、保険適用の漢方が処方されれば安いですが、症状によっては保険適用外の薬が処方されることもあります。 その場合は保険が効かないため、初診料、診察料の他にとても大きな金額がかかってしまう可能性があります。 病院で漢方薬を入手する方法は自分の症状を良く知ることが出来る、場合によっては安く薬が手に入るというメリットがあります。 しかし病院へ行くまでの費用や病院で待つ時間、一度安く入手できてもなくなったら、また病院に行き、受診しなければならないというデメリットもあります。 症状によっては薬が変わる可能性もありますし、薬を手にするまでは長時間かかる可能性が大です。 漢方を専門に扱う漢方薬局の場合、医療行為はありませんが、専門の薬剤師がおり、問診をしてもらえるほか、脂肪を落とすことについての悩みなどを気軽に相談することもできます。 また、自分の体質に合ったものをその場で丁寧に処方してもらえます。 費用は高めになる場合が多いですが、安全面や品質面でも安心度は高いといえます。 手軽に気軽に購入できる方法と言えばドラッグストアやインターネット購入です。 処方箋が無くても買えますが、効果が緩やかな場合もあれば、体質に合わず効果があまりないというケースもあります インターネットで購入する際には、成分や配合量、副作用など良く調べてから購入すると良いでしょう。 ドラッグストアでは、薬剤師さんにわからない事や商品の違いなどを良く相談してから購入するようにしましょう。

脂肪を落とす漢方薬にはどのようなものがある?

脂肪落とす漢方薬として今注目を浴びているのが、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)や大柴胡湯(だいさいことう)、九味半夏湯加減方(くみはんげとうがげんぽう)、防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)などが挙げられます 防風通聖散は便秘で辛い方や脂質が異常に多い人に最適です。 体力があって太めの方に適しています。 大柴胡湯は、ストレスなどによる過食で太ってしまった方などのエネルギーの流れを良くしてくれる漢方です。 九味半夏湯加減方は、体内の余分なものを排出してくれる漢方。 脂肪過多の人に最適な漢方薬です。 ドラッグストアでは扁鵲(へんせき)という名前で売られています。 代謝を活発にし、内臓脂肪を落とす効果が期待できます。 防己黄耆湯は、水太りと言われるむくみの方に最適で、余分な水分を排出してくれる漢方薬です。 自分はどのような太り方なのか、体力はあるか、便秘気味なのか、むくみはあるのかなど振り返り、医師や薬剤師に相談し、検討してから選びましょう。 漢方薬を飲むタイミングは、特に決められた指定が無い場合は、食前または食間に飲みます。 漢方薬というのは、特に臭いや味に特徴のあるものが多いので、臭いや味に敏感な方にとっては少々辛いことがあります。 薬というのは錠剤タイプや粉末、液体タイプなど様々なタイプがあるので自分の飲みやすいベストな方法で処方してもらうか、飲みやすいタイプの漢方薬を選び、確かめてから購入するようにしましょう。

漢方薬で脂肪を落とす際に注意すること

漢方薬は東洋医学に基づいたお薬ですので安易な使用、知識の無い状態での使用はおすすめしません。 西洋薬と比較をすると、副作用は少な目と言っても全く無いという事ではありません。 生薬を組み合わせてできたものなのでその組み合わせ方や体質に合う、合わないによって副作用が強く出る場合もあります。 また、アレルギー症状が出る可能性もあります。 予め使用する漢方薬に含まれる、それぞれの生薬の副作用を知っておくと安心です。 自分の身体を良くするために飲むものはどんな効き目があり、副作用があるのかを理解しておく、勉強しておくことは自分自身を守る事にもつながります。 また、多汗症の方や胃腸がとても弱い方、虚弱な体質の方は脂肪を落とす漢方はあまりお勧めできません。 気分が悪くなったり、発汗が起きたり、胃腸の不快感が出る危険があります。 心臓が悪い方、高血圧の方などの重い病気である場合や妊娠している場合、授乳している方は必ず医師に相談してから使用するようにすると安心です。 体調が悪い時は無理をして飲まない事です。 飲んだ後に何か異変を感じたら、いくら医師に処方されたものであっても飲むのを中止しましょう。 また、他の薬やサプリメントなどと併用する場合には、併用して問題ないかどうか、飲む前に薬剤師や医師に必ず相談しましょう。


▲ページトップに戻る