病気は嫌!部屋にカビが出来るのを防止したい!

湿気やカビをチェック

なんだか最近部屋に入ると咳が出る、体調が悪くなる、なんか嫌な臭いが気になる、それはもしかしたら部屋のできたカビが原因かもしれません。 カビというと湿気の多い梅雨時を思い浮かべる方が多いと思いますが、日本は他の国と比較しても年間を通して非常に湿気の多い国ですので油断は禁物です。 うっかり行為が思わぬカビを発生させている可能性があります。 出来れば一年間に数回定期的に部屋やタンスなどの湿気とカビのチェックを行うことが大切です。 毎日部屋を掃除していたつもりでも部屋をよく注意して見たら思わぬところにカビが生えていてびっくりすることもあります。 カビは見えないところ、気づかないところで急激に増え、大きな病気の原因やアレルギーを引き起こす怖い存在なので、発見したら出来るだけ早めに対処し、防止しなければなりません。 今回は部屋からカビが出る原因、出させてしまう行為や厄介なカビを徹底防止する方法をご紹介しましょう。

カビが出来る原因

部屋のカビを防止するためにはまずカビが出来る原因を知ることが大切です。 何気ない行為が大きなカビの原因となっていないか、日ごろの行動を考えながら原因を考えてみましょう。

部屋を閉めきりで換気をしない

現代の家というのはよく言えば気密性が高く、悪く言えば通気性が悪い住宅が多く、注意をしないと、とてもカビが生えやすい環境であると言えます。 外気が入るのを気にし過ぎて、部屋を閉め切りにして換気をしないと、湿気の多い日はカビやすくなります。 さらにその部屋に洗濯物を部屋干しする、加湿器をガンガンかけるといった行為を行うとさらに部屋はカビやすくなります。

室内と室外の温度差が激しいとできる結露

外が寒い時、部屋で暖房をガンガンかけると窓がびっしょりと濡れる時がありますが、これは結露と言って室内と室外の温度差で出来る水滴です。 この結露は放っておくとカビの大きな原因となります。 さらに厄介なことにこの結露は窓だけではなく、部屋と部屋の境目にある壁や押し入れなどにも出やすく、カビが発生しやすいので注意が必要です。 そして押し入れに沢山物を詰め込む、汗をたっぷりと吸いこんだ枕や布団をしまうといった行為は結露、湿気をさらに増やしてしまい、カビが出来てしまう可能性を高めてしまいます。

キッチンで水蒸気を発生させる

キッチン換気をせずに調理をしたり、お湯を使用して洗い物をしたりすると、どんどん水蒸気が発生してしまい、湿気となり、キッチンだけでなくその周囲の部屋にカビを発生させてしまう原因となります。 最近多い食器洗浄機も湿気が発生しますし、炊飯器も置き場所を考えないとカビの原因となります。

収納する場所にぎっちりとものを詰め込む

押し入れだけでなくクローゼットや靴の収納スペース、ベッドの下の収納スペースなども詰め込みすぎは要注意。 通気性がほとんどなくなってしまうと湿気、カビの原因を高めてしまいます。

タンスなどの家具類を壁にピッタリとつける

家具類を壁にピッタリとくっつけていませんか? さらに置いた家具と家具の隙間も無いとカビが発生しやすくなるので注意が必要です。 部屋の模様替えを行おうとして久しぶりに家具をどかしたら、カビがいっぱい生えていて、びっくりしたという方も少なくありません。 定期的にチェックをする、壁との隙間を作るなどの注意が必要です。

カビが出来やすい条件と場所

部屋のカビを防止するために知っておきたいのがカビの出来やすい条件と場所です。 部屋の温度が25度以上で通気性の悪く湿度の高いところは特にカビが増えやすく要注意と言えます。 季節を問わずジメジメ・ムシムシする状況が続くときは早めにカビ対策をしましょう。 キッチン、お風呂場、家具の裏側、窓、サッシ、エアコン、ソファやベッド、押し入れ、下駄箱、クローゼットは要注意。 こまめなチェックと掃除、換気が重要となります。 カビ発生は部屋だけでなく、食べ物も影響が出てくるので注意をしましょう。 先ほどの部屋にカビが出来る原因を振り返りながら、共によく覚えておきましょう。

部屋のカビの防止と対策方法

カビの原因となる結露、気温と湿度の上昇、通気性の悪さを感じたら、カビ発生の始まりと考え、出来るだけ早くカビ防止のための対策を行いましょう。

布団は出来るだけまめに干す事が大切

汗かきの方は特にこまめに布団を干すようにしましょう。 寝具の湿度というのはかなりのものです。 カビが生えてしまうと病気の大きな原因となってしまいます。 枕カバー、シーツはこまめに洗濯をしましょう。 また、普段使用している布団だけでなく、押し入れに長期間出していない布団というのも心配です。 天気の日に押し入れの状況をチェックし、湿気を感じたら押し入れの中の布団も干すと安心です。

収納スペースは普段から除湿

押し入れ、靴の収納スペースやクローゼットなどにはものを詰め込みすぎないようにします。 またすのこを敷く、新聞紙を入れるなどして、カビの発生を防止しましょう。 便利なのが除湿剤です。 交換時期を目安に定期的に忘れずに交換するようにしましょう。 除湿剤を置く際には、出来るだけ湿気のたまりやすい、奥に置く様にすると安心です。 押し入れは閉めっぱなしも湿気の原因となります。 時には押し入れを開け換気をしましょう。 湿気がとても気になるときは、サーキュレーターや扇風機の風を当てると、空気の流れが良くなり、すっきりとなります。

換気扇を上手に使用

家の換気扇は上手に活用することです。 台所を使用する際は、必ず換気扇を使用するようにしましょう。 水蒸気というのは、結露とカビの大きな原因となります。 換気扇の電気代がかかるのと、部屋中にカビが生えてしまうのとどちらが大変でしょうか。 上手に活用して、部屋中の湿気を追い出しましょう。 普段は使用しない部屋も、晴れた日や朝の掃除のときなどに窓を開けて換気をすることです。 部屋にこもった臭いなどもサヨナラできます。

除湿器、サーキュレーター、扇風機、布団乾燥機を使用

除湿器やサーキュレーター、扇風機は湿度が多い日には大活躍します。 壁紙やクローゼットなど、湿気が気になるときは換気扇と共に上手に利用しましょう。 雨の日など、汗を大量にかいたときや、湿気が気になるときは、布団乾燥機があれば使用し、良く布団を乾燥させてから押し入れにしまうようにしましょう。

寒い日の窓はこまめにチェック

寒い日に空気を冷やし、大量の水蒸気を出す窓ガラスはカビを出す結露の宝庫となります。 部屋のカビを防止するためには、窓ガラスの結露対策は大切です。 寒い日で暖房を掛けているときは、特に注意して窓をチェックし、結露していたら拭き取るようにしましょう。 また、結露対策として外気の冷気の侵入を防ぐよう、断熱フィルムや結露を吸水してくれる吸水テープやシートなど貼ると効果的です。 カーテンは窓のサイズに合うものを取り付けるようにしましょう。 使い捨てで便利なのが新聞紙です。 夜や結露がひどい時に、窓ガラスに新聞紙を張り付けておけば、見た目は悪いですが、結露を吸水してくれます。 水分を含んだ新聞を捨てる時に、湿った新聞で窓を拭けば、窓もピカピカに綺麗にすることが出来ます。 新聞紙はその他に湿度の高い時は、収納スペースに挟んで入れておくと湿気を吸い取ってくれます。

部屋のカビ防止はこまめにチェックが大切

部屋のカビを防止するためには普段から意識をし、こまめにチェックすることが大切です。 家族や自分の健康を守るためには、こまめな掃除、換気、湿度チェックをし、カビを発生させないようにしましょう。 除湿剤、乾燥剤などもカレンダーに取り換え、時期を書き込んでおくなど、ちょっとしたことでうっかり忘れを防ぐことが出来ます。 家族で話し合い、皆で協力、意識するようにすれば、負担も軽く済み、カビを防止し、カビが原因の病気を無理なく防ぐことが出来ます。


▲ページトップに戻る