喉に良いだけじゃない!はちみつの嬉しい効果とは

今はちみつの人気が急上昇中!その理由は?

ほんのりと甘くて優しい味わいで小さなお子様からお年寄りまで愛されている食べ物であるはちみつ。 一口食べたると思わずにっこり笑顔になれ、和やかな気分になれるのも魅力です。 そのままでおいしいだけでなく、パンに塗ったり飲物に入れたり、お料理やお菓子作りに入れたりと調味料としても大活躍。 また、はちみつには多くの美容成分と豊富な栄養が含まれていることから石鹸や化粧品・サプリメントといった美容と健康に役立つ多くの商品にも使用され、多くの方に愛用されています。 このように安定した人気のはちみつですが、今さらにその人気が急上昇中なのをご存知でしょうか。 その理由はズバリ「喉に良い」「喉に優しい」というところ。 乾燥が続く冬の季節が続き、のどの痛みが気になる方や日頃から喉を大切にしなくてはならない接客業、声優、女優、俳優、タレント・歌手の方、歌や話をすることが大好きな方から喉のケアに最適と絶大な支持を得ているのです。 喉をケアするためには冷たいものや辛いものは出来るだけ避ける、お酒もたばこも控えめにする、外出する際はマスクをする、帰宅したらうがいをする、水分をきちんと定期的に摂取するなど様々な方法がありますが、これらのケア方法にはちみつをプラスすると毎日のケアが楽しくなるだけでなく、喉も大変喜び、良い状態を維持できます。 喉に良いはちみつについて詳しくお話しましょう。

はちみつがなぜ喉によい?

喉というのはとてもデリケートです。 体調が悪くなるとのどに悪影響をおきやすいという方はとても多いです。 また、刺激などにも敏感であり、人によってはいつもちょっと刺激の強い食べ物や飲み物を口に入れたり、煙を吸ったりしただけでダメージを受ける方もいます。 はちみつはそんなデリケートな方にも安心の食べ物。 はちみつが喉に良い特徴をお話ししましょう。

殺菌効果が期待できる

純度の高いはちみつは、防腐作用と殺菌作用に優れています。 そのため、乾燥などが原因で空気中にウィルスやほこりなどで炎症を起こしやすい時にはちみつを食べることにより病原菌を殺菌し、喉の炎症を防ぎ、抑えることができるのです。

のどの粘膜を保護してくれる効果が期待できる

とろりとした優しい粘度のはちみつは殺菌効果だけでなく、保湿効果にも優れています。 はちみつを食べることで、喉の粘膜に優しくとどまり保護してくれます。 それにより長時間喉の乾燥を防いでくれるのです。

疲れた体を回復させる効果が期待できる

ストレスや長時間労働などで疲労が蓄積されてしまうと身体の健康を維持し、病気にかからないように守ってくれる免疫力が衰えてきます。 免疫力が衰えると風邪・インフルエンザといった感染症にかかりやすくなり、喉にも悪影響を及ぼします。 そんな疲れた体にもはちみつはパワーを発揮?ハチミツの糖類はブドウ糖と果糖の単純糖。 単純糖という名だけあり、構造がシンプルなため、体内に吸収されると素早くエネルギーとなり、優れた疲労回復効果が期待できます。 その結果、免疫力を高め、喉を守り、風邪・インフルエンザ・その他の感染症や病気にかかりにくい状態を維持してくれるのです。

アレルギーによる喉の荒れ・痛み・咳から守ってくれる

アレルギーの原因とは実に様々です。 その様々なアレルギーは免疫機能が乱れると発症しやすくなり、咳・鼻水・くしゃみなどの症状が現れ、喉の痛み・炎症が起きやすくなります。 はちみつは免疫力を高めるだけでなく、免疫機能の乱れによるアレルギー発症を抑制する効果も期待できます。 つまり、はちみつを毎日上手に摂取すればアレルギーを引き起こし、喉にダメージを与えるのを防ぐことができるのです。

腸内環境を良くし、健康維持効果が期待できる

健康な身体を維持するためには腸内環境を悪化させないことが大切です。 腸内環境が悪化すると便秘や下痢を引き起こすだけでなく、ストレスが溜まる要因にもなります。 また、さらに悪化すると代謝が悪くなり免疫力を低下させ、喉荒れなどの原因を引き起こします。 はちみつは腸内環境を良くする整腸効果が期待できる優れた食材。 毎日継続すれば、快食快便。 代謝が良くなり免疫力を高めてくれるため、喉荒れを防ぐことができます。

喉にはマヌカハニーがおすすめ

はちみつは花の種類などによって味や色・栄養分などに多少の違いがあります。 喉に特におすすめなのがニュージーランド原産であるマヌカという植物の花粉からつくられたマヌカハニーというはちみつです。 はちみつの中でも特に殺菌効果が高く、抗菌力に優れており、奇跡のはちみつとも言われています。 民間療法としても多く使用され世界中から愛されているはちみつなのです。 喉の健康維持だけでなく口腔内を菌から守り、むし歯や口内炎などの予防にもなります。 また、胃腸のバランスを整え、大腸菌やピロリ菌、インフルエンザや風邪ウィルスなどあらゆる病気から守ってくれます。 このマヌカハニーの効果を最大限発揮するためには、オーガニックのマヌカハニーを選ぶことが大切。 確かなメーカーで正式なオーガニック製品として販売されているマヌカハニーを購入しましょう。 高品質のマヌカハニーにはメリルグリオキサールという抗菌活性成分が含まれており、 パッケージにはこの抗菌活性成分の抗菌力をMG値で表記しています。 例えば「MG150+」「MG550+」など数値が高ければ高いほど免疫力・抗菌能力が高いことを示しています。 マヌカハニーは殺菌・抗菌力があるだけでなく、味もはちみつの中ではトップレベル。 一度たべるとその美味しさの魅力に虜になる方が多いです。

喉に嬉しいはちみつの食べ方

はちみつは基本的に食品なので自分の好きな時においしくいただくのが一番。しかしあまりの美味しさについつい食べ過ぎてしまう傾向があります。 はちみつは栄養豊富であり糖であるのであまり食べ過ぎは禁物。 マヌカハニーは1日スプーン1杯が目安ですが、他のはちみつであれば2〜3杯程度を目安にしましょう。 お料理に加えたり、飲物に加えたり、パンに塗って食べるのも良いですが、喉に嬉しい食べ方をいくつかご紹介しましょう。

はちみつレモン

はちみつに合うと言えばレモン!と多くの方が思い浮かぶほど定番です。 レモンを薄くスライスして、はちみつに漬けたはちみつ漬けはレモンの爽やかさとはちみつの甘みがマッチして最高の美味しさ。 喉だけでなく、美容にも最適です。 また、搾りたてのレモン汁にお湯を加え、ハチミツをスプーン1杯加えたはちみつレモンドリンクもおすすめです。 冷たい飲み物よりもあたたかい方が喉や腸にも優しく身体が喜びます。

はちみつ大根

大根にも優れた消炎作用があり、特に汁が効果的と言われています。 大根を1センチ角に切り、そこにはちみつを加えて数時間漬けたはちみつ大根は喉に最適。 大根から溶け出したはちみつをお湯で割って飲むのがおすすめです。 あまり喉の調子が良くない、痛みが強いという場合にはお湯で割らずにそのまま大根から溶け出したはちみつを直接飲んでみましょう。

はちみつ生姜湯

身体をあたため、血行を良くしてくれる生姜は、はちみつとの相性も抜群。 生姜のすりおろしをお湯で割り、ハチミツを加えものをゆっくりと飲みましょう。 飲んでいるうちに身体がぽかぽかしてきて、喉も身体も喜んでいるのが実感できます。

はちみつキンカン・はちみつカリン

大根以外にも喉に良いと言われているのがキンカンとカリンです。 キンカンをさっとゆでこぼした後横半分に切り、種を取り、ハチミツに漬けます。 カリンはいちょう切りにし、種は洗ってティーパックに詰め、一緒にはちみつに漬けます。 カリンだけでも良いですが、種は薬効があるので、一緒に漬けるのがおすすめです。 喉に優しく健康維持に役立つはちみつ。 楽しくおいしく摂取して喉と身体を優しく労わりましょう。


▲ページトップに戻る