ヒートテックでかゆくなる?

冬に人気のヒートテックを着るとかゆい!

寒がりの人にとってあたたかい下着というのは心強い味方です。 しかしあまり分厚い下着や重ね着は着ぶくれするし、動きづらくて困りますよね。 そんな悩みを解消してくれ、着ぶくれすることなくあたたかい下着と言えば、ユニクロのヒートテックではないでしょうか。 10年以上も前に空前の大ブームとなり、今でも多くの人が愛用している薄くて発熱するインナーです。 今は様々な会社で色々なデザインのヒートテックのようなインナーが売られており、多くの方が自分の好きなタイプのインナーを毎年冬になると複数枚購入するのが極当たり前となっています。 しかし、一部で薄くて着心地も良い人気のヒートテックを着るとなぜか肌に合わず、かゆみが出てしまう方たちがいます。 着た時は心地が良いのに、時間が経過するうちに、なんだかかゆい!と違和感が出て、そのかゆみはだんだん強くなり、場合によってはカサカサになり、湿疹が出てしまう方も。 ヒートテックを着たいけど着ていてかゆいのではいくらあたたかくても困りますよね。 なぜ、人によりヒートテックを着るとかゆいという症状が出てしまうのでしょうか。 ヒートテックによるかゆみをなんとかしたい!という方のためにヒートテックを着るとかゆくなる原因や改善策などについてご紹介しましょう。

なぜヒートテックは暖かい?

ヒートテックをはじめとした吸湿発熱衣料というのは、身体の汗などの水分をヒートテック素材が吸収し、繊維そのものが発熱してあたたかくなる商品です。 薄い素材でも繊維そのものがあたたかくなるのが最大の特徴です。 しかし、その反面、汗を吸収して発熱するという事は大切なお肌の水分も奪ってしまう危険性があります。 お肌が丈夫で常に潤いのある方にとっては問題が無いですが、最大の特徴である発熱そのものがお肌のデリケートな方にとってはかゆみを生みだしてしまう原因となってしまう可能性があるのです。

なぜヒートテックを着るとかゆい?

肌の乾燥で起こるかゆみ

先ほどもお話ししたとおり、ヒートテックをはじめとした吸湿発熱衣料というのは汗や水分を吸収して繊維が発熱し、あたたかくなるものなので、肌を乾燥させてしまう可能性があります。 年齢によりお肌の水分が減少気味の方、敏感肌でもともとお肌が乾燥気味の方、季節や天気で空気が乾燥している時期などは特に注意が必要です。 吸湿発熱衣料を着ることで身体があたたまるとさらにお肌の乾燥を招き、お肌を刺激してかゆみが起きてしまうのです。 肌は乾燥するとお肌を保護するバリア機能も著しく低下してしまいます。 そのため、かゆみを我慢して着続けているとかゆみ以外の湿疹や炎症といったお肌のトラブルを招く危険もあります。

化学繊維による皮膚炎(かぶれ)によるかゆみ

吸湿発熱衣料の素材はお肌のデリケートな方にとっては、悪影響を及ぼす可能性のあるポリエステルやレーヨン、アクリルなどの化学繊維からつくられています。 化学繊維アレルギーという方は意外に多く、化学繊維アレルギーの場合は化学繊維に触れるだけでチクチクとした刺激やかぶれ、赤み、かゆみなどの症状があらわれます。 化学繊維というのは肌との摩擦が大きく、刺激を強く与えてしまいます。 特にお肌の柔らかい部分や擦れやすい部分である脇の下やわき腹、二の腕、背中などは悪影響が出やすくなり注意が必要です。 また、シャツだけでなく、ズボン下など下半身に着用するものも多く販売されています。 化学繊維に弱い方が下半身用の下着を着用すると、内もも、すね、ひざの裏などがデリケートな個所からかゆみ、かぶれが増す可能性が高いです。

保温機能によるかゆみ

吸湿発熱素材は熱が逃げないよう、保温機能が優れています。 熱が逃げないという事はあたたかさが続く代わりに、お肌がかぶれやすくなりかゆみが増す状態が続くという事。 いくらあたたかくなってもこれではお肌の弱い人にとってはかなり危険な状態となっているのです。 このようにヒートテックのかゆみの原因というのは発熱による乾燥・化学繊維による刺激・保温機能が主な原因。 これらが合わさると悪循環となり、最悪はかぶれて膿となったり、お肌に痕が残ったり、痛みが起きたりと日常生活や精神的にも大きなダメージを与えてしまいます。 ヒートテックを着てかゆみやいつもと違う違和感を覚えたら、直接肌に着ないようにすることが大切です。

かゆみが起きない改善策とは

ヒートテックってお肌のデリケートな人は注意が必要だったのだ‥と沢山購入して後悔してしまっているヒートテックを着てかゆみが起きてしまう方、敏感肌の方。 かゆみが起きるというのは、お肌が危険信号を出している、お肌が悲鳴をあげているというサインですので、出来るだけ早めにお肌に直接着るのをやめましょう。 せっかく買ったのにもったいないから‥ちょっとくらいのかゆみだから平気と我慢をしてきていると後々後悔してしまうことになりかねません。 しかしせっかく楽しみに購入したヒートテックを処分してしまうのはもったいない。

とりあえず何度かよく洗ってから着てみる

多少のかゆみ程度で症状がひどくない方は、ヒートテック下着を何度か洗ってみましょう。 何度か洗うことで化学繊維の刺激が少なくなり、かゆみが減少、かゆみが気にならなくなる場合があります。 個人差があり、洗ってもかゆみが変わらない場合は直接着用しないようにしましょう。

綿の下着を着た上に着る

ヒートテックを直接肌に着ようとせず、綿100%の下着の上から重ね着をするようにしましょう。 発汗による発熱効果は落ちますが、重ね着することでかゆみやかぶれを予防することが出来ます。

肌の乾燥対策をする

ヒートテックはお肌が乾燥するとかゆみが出るので、お肌が乾燥しないように保湿をすることにより、かゆみを抑えることが出来ます。 しかしそれでもかゆみが気になるときは、保湿→綿の薄手の下着→ヒートテック下着とお肌に配慮をしたうえで重ね着をしてみましょう。 かゆみが無く、快適だったら大丈夫です。 ただし、着用後も清潔にお肌を守り、保湿を心掛けることが大切です。 きちんとお手入れをし、重ね着をしても、着ている途中で違和感があり、やっぱり身体に合わなそうと感じた時はヒートテックそのものがお肌に合わないという事なので着用はあきらめましょう。

かゆくならないヒートテックはあるの?

最近ではヒートテックを着ると、かゆくなるとの声に応えた発熱機能はありながら綿の比率を限りなく多くし、かゆくなりにくくした下着や登山などの状況を考えて開発された、ウールを織り込んだ下着など様々なかゆくならずにあたたかい下着が販売されています。 お肌に敏感な方が下着を購入する際は、下着専門のお店で店員に良く相談してから購入をすること、また担当医がいれば医師のアドバイスを受けるようにしましょう。

日頃からお肌の乾燥対策も大切

お肌のかゆみ・乾燥を抑え、予防するためには下着に気を配る事も大切ですが、お肌のお手入れも大切です。 お肌の乾燥はかゆみやかぶれなどの原因となるだけでなく、化学繊維などのアレルギーを悪化させてしまったり、バリア機能の低下でウィルスなどに感染しやすくなったり、血液がドロドロになるなどの悪影響を及ぼします。 お部屋の加湿を心掛ける、お肌の清潔と保湿を保てるようお手入れをする、十分な水分補給をするなどお肌を乾燥から大切に守り、丈夫な肌作りを心掛けましょう。


▲ページトップに戻る