これをすればお肌が引きあがる

お肌のたるみが気になる方は多い

年齢と共に、シミやしわ、たるみなど言い出すときりがないお肌の悩みが出てきますよね。 私も最近お肌のくすみとハリがなくなってきたなと感じ始めました。 特に、お肌のたるみが気になる方は多いのではないでしょうか。 老化だと分かっていても、絶対に年齢のせいだからとは言いたくないですよね。 年齢に打ち勝てるように、お肌のたるみケアをしましょう! アンチエイジングの化粧品やグッズもたくさん売られていますが、皆さんは何か対策をされていますか? まだ何もしていなかったり、どうやったらいいの?と思っている人は必見です。 お顔を引き上げる方法をご紹介します。

お肌のたるみはなぜ起こる?

まずは引き上げる前になぜ、たるみが起きてくるのか原因をしっかり理解しておきましょう。

紫外線

紫外線はお肌の弾力を出してくれるエラスチンを変形させお肌の柔軟性を失い、またお肌のハリを出してくれるコラーゲンも紫外線によって生産量が減少しその結果、顔のたるみが起こります。

筋肉の衰え

顔にはたくさんの表情筋があり、その筋肉は皮膚の土台となって支えています。 筋肉が衰えると、支えが無くなるのでその上にのっている皮膚は重力と共にどんどん下がっていき、たるみとなります。

乾燥

乾燥していると外的刺激も受けやすく、肌内部の組織を壊してしまいます。 その結果従来のはたらきが出来なくなりお肌のたるみとなっていきます。 人によってお肌のたるみの原因は変わってきます。 まず自分のお肌のたるみの原因をしっかり把握しておくことが大事ですね。

たるみを引き上げる方法

お肌のたるみを引き上げる方法はいくつかあります。 まずはお家で出来る方法をご紹介をしましょう。

表情筋を鍛える

原因でも上げた表情筋の衰えを鍛える事で、リフトアップ&たるみの予防をすることが出来ます。 やり方もとても簡単です!ちょっとの時間ですぐに出来るものばかりです。 まずは顔を4分割に分けて、一気にするのではなく一か所ずつ行っていきましょう。

おでこ

人差し指と中指で軽くおでこに当て、まゆげの上げ下げをゆっくり10 回動かします。 その後、まゆ毛を上げたまま10 秒キープします。 これを1日1回していきます。

目元

舌を軽く噛んで、片目を軽くつぶってウィンクをし、これを片方ずつ交互に繰り返していきます。 しっかりつぶらなくても大丈夫です。 リズミカルに行っていくのがポイントですよ。 1日1回、左右30回していきましょう。

ほほ

上の歯ぐきをむき出すようにして頬の上部に力を入れ5秒キープします。 初めは筋肉が凝り固まっているので、やりづらいと思います。回数を重ねたら筋肉がほぐれてきてやりやすくなってきますので頑張りましょう。 顔を縦に思いっきり伸ばし5秒キープします。 顔全体を動かし事で血行も良くなり、血色のいい肌色にもなります。 これを1日1回していきます。

口からあご、頬

口角を出来るだけ片方に引っ張るように寄せて5秒キープさせ、反対も同じように繰り返します。 口を寄せた反対側頬はペタンコになりフェイスラインがしっかりと見えてくると思います。鏡でチェックしながら行っていきましょう。 1日1回2セット どれも回数が少ないのでお風呂に入りながらでも、何かしながらでも出来そうですね。

しっかり保湿

乾燥も原因のひとつでしたよね。保湿効果の高い化粧品でしっかり保湿をしましょう。 化粧品もそうですが、洗顔の時にお湯や冷たい水で洗ってしまうと乾燥の原因になってしまうので、必ずぬるま湯で丁寧に洗い、洗い終わったらすぐに保湿をしてあげましょう。

紫外線対策をする

夏場は特に日焼け止めをしっかり塗って対策をしましょう。 家にいる場合でも、紫外線は窓越しでも差し込みます。 出来る限り常に日焼け止めはつけるようにしましょう。

プロにお任せする

美容クリニックでもたるみを引き上げる方法はいくつかあります。

  • レーザー治療
  • ヒアルロン酸
  • PRP療法

クリニックに行くとなれば時間もお金もかかってしまいますが、即効性はあります。 効果を継続をしたいのであればクリニックでの定期的な治療がおススメです。

まとめ

たるみを引き上げる方法や予防もそうですが、毎日の頑張りが必要になります。 根気よく続けていく事で、年齢に負けない引きあがったお肌を手に入れる事ができますよ。 最終的にはプロに任せるのも手かもしれないですね。 憧れるような引きあがったお肌を手に入れるために、今日から早速実践してみましょう!


▲ページトップに戻る