アクセサリーが原因で起こる金属アレルギーの対処法

金属アレルギーとは

多くの種類の金属は、電解質という電気分解を起こさせる溶液につけると、イオンを発生させます。 これを金属イオンといいます。 人がかく汗も、電解液の一種と考えられています。 そのため、アクセサリーに使われている金属が汗の電解質によって分離を起こし、体の中に入ってしまいます。 あるいは、金属の成分が汗で溶け出すことによって、体の中に吸収されるとも考えられています。 この、溶け出した成分が体の中で新しいタンパク質を作り出します。これをアレルゲン物質といいます。 そして、それに対する拒絶反応を、金属アレルギーと呼ぶのです。 アレルギーとは、免疫の異常活動状態と言えます。 免疫とは、普段体に病気の原因となるウイルスや細菌などが蔓延しないよう、白血球が働いて異物を駆除する働きです。 これが異常に活性化すると、本来健康であるはずの細胞まで攻撃し始めてしまい、患部が傷ついて炎症などの症状を引き起こします。 金属の成分は体にとって毒となるものもあります。 金属アレルギーとは、体の中に入ってきた金属の成分を異物と感知した免疫機構が、駆除のためその部分の細胞に強い刺激を与えている状態なのです。 汗で溶け出す金属の量はほんのわずかですが、使われている素材や人の体質によっては敏感に反応してしまいます。 特にアレルギーを起こしやすい金属の中に、コバルト、アマルガム、パラジウム、水銀、ニッケル、すずなどがあります。 これらの金属は合金される場合に使われることもあり、アクセサリーや歯の詰め物の素材になる場合もあります。 そうしたところから金属の成分が体に入り、アレルギーを起こしてしまうのです。 そのため、金属アレルギーを防ぐためには、アレルゲン物質になりにくい、プラチナやステンレス素材のものが使用されているものを選ぶといいでしょう。 また歯科医で治療を受ける場合は、万が一のため自分に金属アレルギーがあるかどうか、あらかじめ調べておくといいですね。

金属アレルギーはなぜ発症するのか

金属アレルギーは発症しない人もいれば、大人になってから発症する人もいます。 なぜこのような差があるのでしょうか。 何がきっかけで、金属アレルギーがおこってしまうのでしょうか。 まず1つには、汗をかきやすいかどうか、汗の量は多いか少ないかという問題があります。 汗をたくさんかく状況下で金属製のアクセサリーを着けていたり、金属でできたものに長時間触れていたりすると、アレルギーを起こしやすくなります。 これは、汗が多いとそれだけ金属の成分が溶け出しやすくなるからです。 汗っかきなどと言われるように、汗の分泌量は人によって違います。 そのため、同じようにアクセサリーを着けていてもアレルギーを起こさない人もいるのです。 また、アクセサリーを着ける回数によっても発症する確率は変わってきます。 毎日金属製のアクセサリーを着ける習慣がある方、特にピアスなど直接体の中に近い部分に触れているものは、アレルギーを起こしやすいのです。 あるいは、空気中に含まれている金属イオンを長年吸収し続けることによって発症するという見解もあります。 これは長い時間をかけて体に蓄積した金属イオンが原因です。 そのため、ある日突然アレルギーを発症してしまう人もいるのです。 その場合、体内にアレルゲン物質があるので、金属に触れていなくても全身に皮膚炎が現れます。 どこにできやすいのかは人によって違います。 また、アレルギーを起こすかどうかは、アレルゲン物質に対する体質の差でもあります。 これは個人差が大きく、実際にはアレルギー体質を持っているのに、なかなか発症しないということもあるようです。 金属アレルギーが発症するのは、汗、金属に触れる回数の多さ、空気中の金属イオン、もともとの体質などがそれぞれ働きあっているからです。 すべてに該当する場合、症状も重くなりやすいでしょう。

金属アレルギーで起きる症状

金属アレルギーは皮膚に起こる症状で、医学的には「接触性皮膚炎」と呼ばれています。 ですので、主な症状は炎症反応です。 ひどくなるとかゆみが治まらなくなったり、炎症を起こしている箇所が熱を持ったり腫れ上がってかぶれてしまうこともあります。 湿疹ができることもあります。 その場合にはかゆみがひどくなってしまうので、かきむしってしまい、症状をさらに広げてしまうという不安があります。 このかゆみという症状が皮膚炎の一番つらいものでもあります。 かゆみを我慢するのは困難で、ほうっておくと無意識にかきむしってしまうことがあるからです。 かゆいところをかきむしっていると、患部の痛覚が刺激されるのでいったんはかゆみが引いたように感じます。 しかしその後でもっと反動が起こり、もっとかゆくなることがあります。 そしてそれを解消しようとしてさらにかきむしり、どんどんかゆみが広がってしまうという悪循環に陥るのです。 そこで、皮膚炎が起きた場合には早急に治療しなくてはいけません。

かゆみがひどい場合の治療法

症状が軽い場合は、金属製のアクセサリーを使うことなどを数日控えてみましょう。 軽症の金属アレルギーの場合は、原因から遠ざかれば症状は回復します。 ですが、金属アレルギーの治療には、皮膚科を受診することが重要です。 個人では症状が金属アレルギーにあたるのか判断できないからです。 なんのアレルゲン物質が問題を起こしているのか、検査して確かめてもらいましょう。 その上で、金属アレルギーであることがわかれば治療を始めます。 まず炎症を抑えるために、ステロイド剤の塗布を行います。 ステロイドとは副腎皮質ホルモンの一種で、免疫を回復し、炎症を抑えるなどの効果があります。 皮膚疾患の治療には広く使われている薬剤です。 まずはステロイド剤を使って炎症を抑え、皮膚の状態がどうなっていくかを観察します。 かゆみが改善しなかったり、さらにひどくなっていくような場合には、抗ヒスタミン剤を投与してさらに様子を見ます。 抗ヒスタミン剤とは、体内でアレルギー反応を起こす原因を作るヒスタミン受容体に働きかけてヒスタミンの働きを阻害し、アレルギーを治療するための薬です。 それでもさらにアレルギー症状が治まらない場合には、アレルギーの専門医を受診するしかありません。 専門医とは、日本アレルギー学会の認定を受けた、アレルギーに深い知識を持つ医師のことです。 アレルギー専門医にかかれば、長引く症状などがどうして起こっているのか、何の金属のせいなのか、かゆみを抑えるためにどんな処方を行えばいいのかなどを診断してもらえます。 日本にはアレルギー症状を持っている患者が多く、そのためアレルギー専門医のクリニックも多く存在しています。 そのため、金属アレルギーの症状がひどくなった場合にはどこにかかればいいのか、探しやすいでしょう。 近隣の医療機関や保健センターなどに問い合わせると、アレルギー専門医がどこにいるのかがわかります。 個人クリニックならばインターネットで検索すれば見つかります。 ここまでひどい症状を出さないためにも、不安のある方は一度皮膚科を受診してアレルギーのチェックを受けることをお勧めします。 そしてどの金属ならば使っても大丈夫か、知っておくことが重要です。


▲ページトップに戻る